世界の工場と言われる中国は、2010年に国内総生産(GDP)で日本を超えて世界第2位となったが、製造業の分野では今でも日本の強さを認めざるを得ないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、米国、ドイツまでもが日本製品を警戒しているとする記事を掲載した。

 記事はまず、中国は世界の工場として力を持っているが、生産効率が低く、エネルギー消費が大きい割に生み出せる付加価値は日米独に比べてかなり・・・・

続きを読む