日本の教育や環境を高く評価して、日本で子育てをすることに決めた中国人が増えている。外国人が日本で子育てするのには良い面もあるものの、大変な面もあるはずだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で子育てする中国人の母親は大変だと紹介する記事を掲載した。

 記事では、ある在日中国人の夫婦について紹介。「子どもは日本語しかできない」という問題があるという。夫婦は日本語が堪能であるために、家の中でも日本語を使い、子どもは日本の幼稚園に通っているため、子どもが日本語しかできなくなってしまったそうだ。

 他にも、教育方針も日本とは違うことに気が付いたという。この中国人夫婦は、子どもを医者にすることに決め、そのために塾にも通わせ英才教育を受けさせようと思ったというが、周りの日本人や幼稚園の教師との交流を通して、それが自分の夢を子どもに押し付けるということだと気づかされたとしている。日本ではむしろ、引きこもりやいじめなどの問題があり、医者になるよりも前に心身ともに健康な大人に育てることがより大切だと感じたと紹介している。

 また、日本の子育てと比べて、中国では「子どもを甘やかす」傾向にある。家でわがままに育てられている中国の子どもは、外でも気に入らないことがあると大声で騒ぐものだ。周りの大人も子どもに甘く気にしないので、親も遠慮することがない。しかし、日本では「他人の迷惑にならない」ことを非常に重視しており、それは子どもであっても例外なく適用されるため、中国人の母親は子どもを連れて外出すると「恥ずかしい思いをする」ので電車にも乗れないと伝えている。

 ほかにも、日本では中国のように子どもを祖父母や家政婦に預けるという習慣があまりないことや、親や友人が近くにいないこと、孤独にならないためにもママ友とお茶をしなければならないなど外国人の母親が日本で子育てするのはハードルが高いと伝えた。

 ただでさえ子育ては、親にとって責任の大きい難しい問題だが、外国人となると本人たちにしか分からないような大変さがあるのだろう。しかし、少子化の日本では子育て支援が多く、在日外国人に対しても福祉がしっかりしている。親や友人からの過度の干渉も避けられるなど、ある面においては、中国国内で子育てするよりも気軽な面もあるのかもしれない。これだけ多くの中国人が日本に来て子育てしているということは、それだけ良い面もあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)