中国では長年冷たい水は体に悪いと言い伝えられてきた。今でも中国では客人が家に来ると必ずお白湯またはお茶を提供する習慣がある。これは客人に対する礼儀のひとつだ。また、風邪引きや胃腸が弱いときなど体の具合が悪いときまって「白湯を飲んだほうがいい」とすすめることで彼らに対する関心や誠意を示している。

 こうした背景から、日本で冬なのに氷水が出てくると驚く中国人も多いようだ。しかも、そんな日本人の寿命が世界一なのはなぜなのか? と疑問を感じることも多いようだ。この点を中国メディアHH健康解説は説明している。

 記事はまず文化の違いを分析している。日本ではお白湯を飲む習慣がないとはいえ、お茶やコーヒーなどの温かい飲み物を飲む習慣はある。また水の豊富な日本で水はそのまま飲むことができるのでわざわざろ過したり、一度沸かしてから飲む必要もない。最近になって日本でもお白湯がブームになっているが、飲み水に関する習慣は今でも変わらない。

 また、日本人は冷たい食事を食べ慣れている。サラダやさしみ、デザートなどどれも冷たいものでも好んで食べている。そのため飲み水についても冷たいものはむしろ好まれる傾向があるようだ。

 では、なぜ体を冷やすことを行っている日本人の寿命が世界一なのか? 冷たいものは体に悪いと考えている人が多い中国では、このことを疑問に感じる人も少なくないようだ。

 記事は、「それは日本人の入浴の習慣も関係しているに違いない」と述べている。日本人は入浴時に湯船に浸かる頻度はかなり多く、温泉でのリラックスする機会もある。こうした入浴の習慣が体を温め、血液循環を高めている。

 また、魚、野菜中心の食生活が健康寿命に大きく関係しているに違いない。さらに、腹八分目というような暴飲暴食を好ましくないものとみなす食習慣も関係しているだろう。

 こうした記事に対し、ネット上でも「日本の長寿には総合的な国力が影響している。飲み水が温かいかどうかはさほど関係ない。日本の良いところから客観的に学ぶ必要がある」、とか「日本では偽物の油などは存在しないし、衛生基準が高く良心的。こうした姿勢から学ぶ必要がある」と日本の食文化や衛生に対する肯定的な意見が見られた。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)