日本人は、誰が見ていなくてもルールをきちんと守る傾向が強いが、多くの中国人には理解に苦しむことのようだ。中国では、小賢しさが称えられる風潮があるが、どちらが良いのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人は頭が固いと思っていたが、日本では小賢しさが嫌われることが分かった」とする記事を掲載した。

 日本を旅行で訪れたことがあるという記事の筆者は、日本人は何かと「列に並ぶのが好き」で、電車でも店でもレストランでもどこででも並ぶことに驚いたそうだ。行列がいつもできる場所には、簡単な屋根が付けられることもあり、店員が出てきて誘導する店があって、最後尾と書かれた看板を持つ人の姿も見ることがあると伝えている。

 これを見て筆者は、「日本人はなんて頭が固いのだ」と感じたという。割り込めば早いからだろうが、もしかするとそう感じている中国人は多いのかもしれない。中国でも列を作ることはあるが、自然と列ができるのではなく鉄のパイプで作られた柵があるからだ。列を作らされていると言ったほうが正確だろう。しかし筆者は、日本人がルールを守るのには理由があったことに気が付いたそうだ。

 例えば、観光地では見学の順路が決められていて、一方通行であることが多いが、そのおかげで混雑を避けられて事故を防ぎ、観光客にとっても時間を有効に活用でき、運営側にとっても効率が良いのでコスト削減になると分析した。

 さらには、それぞれが好き勝手にしがちな中国と比べると、ルールを守る日本人は「遠回り」しているように見えるが、それは「自律」の強さの表れだとも称賛している。日本では、先に来た人を優先させるというのは「絶対」だ。中国人の大好きな「小賢しさ」は日本では「つまはじき」にされると注意を促した。

 筆者の言う「小賢しさ」は、一見自分に都合がよく賢そうに見えるが、日本の方が社会秩序に貢献しており、結果的により効率的になっていると言えるだろう。確かにルールに固執して融通が利かない面もあるが、文明的な社会を目指している中国にまず必要なのは、日本的な「頭の固さ」なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)