中国メディア・東方網は2日、元日のサッカー天皇杯決勝に勝利したヴィッセル神戸がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を獲得し、グループリーグで中国の強豪・広州恒大と激突することになると報じた。

 記事は、1日の天皇杯決勝で神戸が鹿島アントラーズに2-0で勝利して優勝し、規定により今年のACL出場を決めたと紹介。グループリーグでは広州恒大、韓国の水原三星、マレーシアのジョホール・・・・・

続きを読む