日本を旅行中に「日本らしさ」を発見し、感動を覚える中国人旅行客は少ないくないが、中国メディアの今日頭条は、細かい点から「真実の日本を感じる」と題する記事を掲載、中国人旅行客が「肌で感じた」日本を紹介した。

 記事は、ある中国人旅行客が初めて日本を訪れた際に最も深い感動を覚えたのは日本のあらゆる場所にある「利便性」だったと紹介。たとえば日本の街のどこを歩いていたとしても、喉が渇いた時にはすぐ目に見えるところに自動販売機があり、しかも、様々な種類の飲料を選べるようになっていたと指摘した。

 また、空腹を感じた場合でも「すぐにコンビニエンスストアを見つけることができる」とし、コンビニではデザートから温かい弁当まで実に様々な食品を購入できると強調。コンビニは基本的に24時間営業であり、無料で利用できるトイレが設置されているうえに、トイレは清潔でしかも温水洗浄便座が設置されていると説明した。

 さらに記事は、日本の百貨店では店員のサービス意識が「非常に強い」と絶賛し、どの百貨店であっても店員は微笑みとお辞儀で顧客に挨拶をし、また靴を試し履きしたいことを伝えれば店員は膝をついて試し履きをサポートしてくれると紹介した。

 それゆえ日本でショッピングをしていると、まるで「本当に神様になったように錯覚してしまう」と感動を表現。日本の百貨店の店員のサービスは中国の百貨店の接客とは全く異なっているとし、このようなちょっとした違いや細かい点から「真実の日本」を感じ取ることができ、日本の美しい景色以上に旅の思い出として心に深く残ると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)