日本は長く世界第2位の経済大国だったが、中国に追い抜かれてしまった。だが、その後も3位をキープし続けており、2018年のGDPランキングは1位から順に米国、中国、日本、ドイツ、英国と続いた。中国メディアの捜狐は29日、「昔からの先進国」である、日本と英国を比較する記事を掲載した。

 日本は中国に2位の座を明け渡すまでの約20年間、2位をキープしてきた。一方の英国はこの30年間、4位から6・・・・

続きを読む