中国メディア・東方網は25日、「どうして日中合作のアニメ作品はあまり成功しないのか」とし、その理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、今年4~6月に中国側が出資して日本のアニメ会社が制作したアニメ「群青のマグメル」(中国語タイトルは「拾又之国」)が放送されたものの、その評判は今一つだったと紹介。今回の作品だけではなく、これまで「日中合作」で企画、制作されたアニメ作品は良い評価を得・・・・

続きを読む