日本を訪れる中国人にとって、日本人がどんな車に乗っているのかも関心のあることの一つ。日本の街中で多くの軽自動車やファミリーカー、ワンボックスを目にすることになる。中国メディア汽修小仁は、「なぜ生活水準も収入も高い日本人が、あえて軽自動車やワンボックスなどに好んで乗るのか」という疑問に、このように答えている。

 まず、こうした疑問を感じる背景を理解する必要があるだろう。中国では収入が多くなり車を買う時には、まず高級車を選択することが多く、それが社会的なステータスにもなっているようだ。そのため、中国の大都市では日本でもあまり見かけないような高級外車を目にすることも多い。

 一方、そうした富裕層が軽自動車やワンボックスカーなどの選択することはまずない。つまり富裕層は高級車、中間層から低所得層はそもそも車を持ちたがらないのだ。そんな富裕層にとって、いかにもファミリーカーに見えるワンボックスでは、あまり高級感を持ちにくいのかもしれない。たしかに、中国語でワンボックスはその四角い見た目から「面包(パン)車」と言われ、言葉自体からもあまり高級感は伝わってこない。

 では、日本で軽自動車がこれほど人気なのはなぜか? 中国メディアは、まず軽自動車人気の理由を説明している。日本は土地面積が狭いため軽自動車が便利だからだ。軽自動車は小回りが利き、駐車スペースも少なくてすむ。さらに燃費も良く、高級感はないものの経済的には良い事尽くしといえよう。

 さらに記事では、日本のワンボックスカー人気の背景を説明している。日本にはワンボックスカーなどへの助成補助金制度があり、新車を購入するときにその制度を活用して安く車を購入することができる。また、日本人は車をレジャー目的で活用している。家族でレジャーに行くにはワンボックスカーが長時間運転しても疲れず、車内でもゆったり過ごすことができる。つまり、家族で過ごすための車として、ワンボックスカーは最適なのだ。

 中国では車自体の見栄えや、高級感を重視傾向にあるようだ。つまりある種の「面子」の文化も関係しているのかもしれない。一方、日本人は車に対して、ライフスタイルに密着した最適な車を選びたいと考えているのだろう。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)