中国を含む外国人から見て、日本人は「とにかくよく謝る」民族だという印象のようである。中国のネット上では「日本は謝罪文化の国」とされ、政府や自治体、企業が問題を起こすたびに記者会見で頭を深く下げるシーンが中継されることが紹介される。また、「日本人は問題が起きたらとりあえず謝ればいいと考えている」というイメージを抱いている嫌いもある。

 中国メディア・人民網は24日、他人に対して謝罪をする際には何らかのペナルティを約束することで、より誠意が伝わるとの研究結果が日本人によって発表されたと報じた。

 記事は、神戸大学、名古屋大学など研究者からなるグループが学生の脳波データを収集することで、学校や企業などが不祥事で実施する謝罪について、どのような形の謝罪が最も説得力があり、受け入れられるかを研究したと紹介した。

 そして、調査の結果、謝罪と同時に損失の補償を申し出たり、トラブルの発生原因を真剣に調査することを約束したりした場合に、誠意を感じた時に反応する大脳の一部の動きがより活発になることが分かったとしている。
    
 そして、研究者がこの結果について「組織にしろ個人にしろ、誠意をストレートに表現できなければ、謝罪の効果は弱まってしまう」と説明したことを伝えた。

 たとえ日本が「謝罪文化」の国であっても、誠意が見えない謝罪は当然世間から受け入れられず、かえって批判や非難を強める結果になるのは当然である。ただ、日本人には「速やかに謝れば許してもらえるかもしれない」という発想があるため、「とりあえず謝る」、「謝ったもの勝ち」という行動が起きるのだ。

 しかしこれは、中国社会ではまずあり得ない。中国社会では「一度自らの過ちを認めて謝ってしまえば、永遠に責め続けられるリスクを負うことになる」と考えがちだからだ。

 簡単に謝るのも胡散臭いが、謝らなければ許すものも許せない。謝るべき時に謝って、誠意を見せることが最も大切ではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)