中国の自動車市場は生産、販売ともに世界最大であり、どの自動車メーカーにとっても中国市場は無視できない存在となった。しかし、市場の規模に比べると、中国の「自動車文化」はまだまだ未熟なのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人は「日本の自動車文化」から学ぶべきだと題する記事を掲載した。

 記事は、日本と中国それぞれの「自動車の使い方」という意味における自動車文化の違いに注目。この点で中国は自動車市場の膨張スピードが速すぎるため自動車の文化が未成熟であるのに対して、日本は自動車を「とてもうまく活用する国」であると称賛した。

 続けて、中国の自動車文化の未成熟な点として、例えば高級ドイツ車のオーナーが中国車のオーナーを平手打ちしたという事例を紹介。これは中国自動車文化の縮図のような出来事であり、「高級車を所有する者は他人より偉い」という考え方は中国に色濃くあらわれていると説明する一方、この種の考え方には根本的な問題があると指摘した。

 しかし、日本の場合、自動車は純粋に移動のための「道具」であり、日本人は誰も単なる道具である自動車に基づいて人の価値を決めるようなことはしないと説明。こうした健全な考え方が日本に浸透しているからこそ、軽自動車という「日本人が本当に必要な車」が日本では良く売れているのだと論じた。

 また、自動車を実用的に活用する以外に、日本には「改造車」文化も存在すると紹介。日本の各自動車メーカーはそれぞれスポーツタイプの車を製造しており、日本にはこうした車のボディー、ホイール、内装また性能を改造する楽しみ方もあると説明。しかし、中国の場合、一部の地域を除けばこうした改造車文化はほとんど存在しないと指摘した。

 中国では自動車は自分の社会的立場や経済力を誇示するツールとして見なされる一面があるため、所有する自動車の価格で人の価値を決めようとする風潮があるのは事実だ。こうした風潮の是非は別として、これも中国独特の自動車文化ということなのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)