中華料理は調理に油を多用し、塩分も多いと言われている。和食は材料の味を大切にするため、中華料理のような濃い味付けは基本的に行われない。日本人と中国人の味の好みは大きく異なっていると言えるだろう。

 日本を訪れる中国人旅行客にとって、日本で美食を味わうことは旅の重要な目的の1つと言えるが、中国メディアの今日頭条は19日、日本人と日本在住の中国人がお勧めする「美食」には大きな違いがあると紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本人と日本に在住する中国人では「友人に勧める飲食店には大きな違い」があると紹介。日本に住んでいる中国人が勧める日本の飲食店の多くは「濃い味つけ」の店であることが多く、せっかく日本料理が食べたいと思っても中華料理をお勧めされることもあるようだ。一方、日本人が勧めるグルメは薄味の料理であることが一般的で、中国人にとっては「物足りなく」、日本で美味しい料理を味わいたくてもなかなか味わえないというジレンマがあるようだ。

 さらに、日本人と在日中国人の味の好みは大きく異なっていると伝え、「同じ日本で暮らしていても、好む味が異なると必然的に好む飲食店も変わってくる」ことを強調し、日本人と在日中国人はまるで「別の環境」で生活しているようだと主張した。

 記事の主張については、中国で営業している日本食を提供する店でも同じことが言えるだろう。経営者や料理人の知識不足もあるだろうが、中国国内で提供されている日本食は中国人の好みにアレンジされているのが一般的だ。中国を訪れる機会があれば、地元の美食を楽しむのも良いが、中国風にアレンジした日本食を楽しんでみると面白い体験ができるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)