中国メディア・東方網は23日「どうしてますます多くの日本の子どもが学校に行って勉強したがらなくなっているのか」とし、日本の社会に存在する「不登校」の問題を紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本では現在学校に行くことを拒否する「不登校」の子どもが増えていると紹介。文部科学省が10月に発表した全国の小中学生に関する統計で、昨年30日以上学校を欠席した児童、生徒の数が16万4528人にのぼり・・・・

続きを読む