外国人観光客が、日本に来たらぜひ食べたいと思うものと言ったら何だろうか。ラーメン、寿司、天ぷら、たこ焼きなどいろいろありそうだが、せっかく日本に来たのなら刺身を食べたいと思う人は多いだろう。中国メディアの今日頭条は18日、「なぜ日本では刺身がこんなに人気なのか」と題する記事を掲載した。

 中国では、安全のため基本的にどんなものでも火を通して食べるのが常識になっている。そのため、卵も生で食べることはなく、日本では普通の卵かけご飯も存在しない。同様に、刺身も非常にハードルが高い食べ物だ。多くの中国人にとって、生ものを食べるということ自体が心理的に受け付けないようである。

 記事は、中国では刺身を受け入れられなかった人でも、日本旅行でチャレンジして好きになる人は多いと紹介。日本では日常的に刺身が食されているが、なぜ日本人は刺身がこれほど好きなのだろうか。記事はその理由を、日本では魚を生で食べても安全だからと分析している。

 日本人は食品の安全に非常に厳しく、「新鮮さ」にこだわっている。特に刺身の「新鮮さは絶対」で、店で刺身を購入するときも安心して購入することができ、新鮮な刺身はおいしく、日本人を刺身好きにしているのだと分析した。冷凍庫で保管している中国の日本料理店の刺身とは全然違うと比べている。そのうえ、「刺身の扱い方」も違うという。切り方によって味が変わってくるのを知っているので、「芸術品」を扱うかのようだと感心している。

 中国にも刺身はあるものの、日本で食べる刺身とは全く別物と言って良いだろう。中国で刺身を食べて、高いのにおいしくなかった、と嫌いになってしまう人も少なくない。日本に来る機会があれば、中国で刺身を食べたことがある人も、食べる勇気のなかった人も、安全でおいしい日本の刺身を試してみてほしいものである。きっと刺身の概念が覆ることだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)