日本は今でこそ世界第3位の経済体となってしまったが、2010年に中国に抜かれるまで42年間世界第2位の地位を守ってきた。中国メディアの今日頭条は18日、世界で第2位だった当時の日本が、「なぜ米国を超えられずに逆に抑えられてしまったのか」と題する記事を掲載した。

 バブル期の日本は、「米国の不動産を買いあさり、米国を慌てさせた」と記事は紹介。ではなぜその勢いで「米国を抑えつける」ことができ・・・・

続きを読む