中国メディア・東方網は20日、日本でこのほど開発された1人用の弁当箱型電気炊飯器について、中国のネットユーザーから「前からたタオバオで売っている」との声が出たと報じた。

 記事は、先日日本の企業が弁当箱ほどの大きさの小型電気炊飯器を開発したと紹介。使い方は、米1合に水140ミリリットルを加えてスイッチを入れるだけで、あとは15分ほど待てば熱々のご飯が出来上がると伝えた。
続きを読む