世界第2位の経済大国である中国では、技術革新が急速に進み、ハイテク産業が台頭している。では、日本ではどんな分野が台頭しているのだろうか。中国メディアの今日頭条は19日、日本を「20年停滞しながらも世界の先端にいる国」と称し、どんな業界が台頭しているのか分析する記事を掲載した。

 

 記事はまず、バブル経済のころの日本では不動産業が強かったと紹介。中国では今でも不動産というと1・・・・

続きを読む