中国メディア・鳳凰新聞網は20日、韓国で開かれたサッカーE-1選手権で優勝を逃した男子日本代表が、試合結果に関係なくロッカールームをきれいにして帰ったとする記事を掲載した。

 記事は、18日に行われた同大会最終戦の日本―韓国戦で、大会3連覇を目指してソン・フンミンを除く主力で臨んだ韓国に対して若手主体で戦った日本代表は1-0と惜敗し、優勝を逃したと紹介した。

 そして・・・・

続きを読む