経済成長が続く中国では、今なお物質的な豊かさを追求する人が少なくない。高級な車に乗り、高級なファッションに身を包むことは「メンツが立つ」ことと見なされるのも、物質的豊かさを追い求める風潮を増長させていると言えるだろう。

 しかし、仕事や留学などで日本で一定期間を過ごすと、物質的豊かさを追い求めないようになり、むしろ「シンプル」であることを追い求めるようになるのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本で暮らした経験のある中国人のなかには、シンプル第一主義になる人もいる」と伝える記事を掲載した。

 記事は、日本人が物質的豊かさを追い求めたのはあくまでも過去の話であり、現在は「ミニマリズム」という言葉に代表されるように、不要なものを排除し、自分の本当に好きなものだけに囲まれることを好む人が増えていると指摘。なぜなら、日本人は大量のモノに囲まれ、次から次へと消費することは「決して幸福感をもたらすことではない」ことを知ったからだと論じた。

 中国では自分の富をひけらかすという言葉で「炫富」という単語がある。高級な物を所有しているかどうかは本人のメンツにも関わることであるため、なかには無理な借金をして高級車を購入するような若者も少なくないと言われている。記事は「炫富をするのは内面が空虚な人」であり、炫富のために無理をしたり、意地を張ったりするのは疲れることであり、空虚なことだとの見方を示した。

 一方で、日本で暮らしているうちに他人と比較せず、富をひけらかすことで争わないことは気楽で心地良く、そしてシンプルであることは幸せであることに気づくと伝え、これに気づいた中国人はシンプル第一主義になるのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)