製造業にとって不良品が生じることをできる限り防ぐことは極めて重要な活動だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本企業の品質改善活動に注目した記事を掲載し、「根本的な不良品の発生防止対策とは、現場の品質意識と生産技能を向上させることである」ことがわかったと論じた。

 企業が消費者にとって魅力的なスペックの製品をリリースしたとしても、その製品が不良品であったならば顧客の信頼を失ってしまうだろう。したがって、メーカーにとっては不良品の発生防止対策は製品の開発とともに欠かすことのできない極めて重要な活動となる。

 しかし記事は、中国の製造業には売上拡大に精力の大部分を費やすが「品質向上や不良品の発生は重視しない」という共通の欠点があると指摘し、この点の改善には日本企業の事例が役に立つはずだと論じた。

 続けて、不良品の発生を防止するためには、まず「品質不良とは何か」について理解を統一することが品質向上の第一歩だと指摘。続いて品質不良の発生を減少させるために、日常性の不良として毎日どのようなミスや不良が生じているかを記録する必要があると説明した。また規則性の不良として一定期間にどの種類の不良品が多発しているかを分析し、職場ごとの課題に対して改善計画を立てるという方法があると紹介。

 また、スタッフの技術向上が唯一の改善手段という場合もあるとしたが、このように明確に体系化された不良品防止対策を製造各部門が確実に実施することが日本企業の方法だと紹介し、中国企業は生産マネジメントを含め、日本企業から学べる点は多いと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)