製造業にとって不良品が生じることをできる限り防ぐことは極めて重要な活動だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本企業の品質改善活動に注目した記事を掲載し、「根本的な不良品の発生防止対策とは、現場の品質意識と生産技能を向上させることである」ことがわかったと論じた。

 企業が消費者にとって魅力的なスペックの製品をリリースしたとしても、その製品が不良品であったならば顧客の信頼を失ってしまうだ・・・・

続きを読む