日本政府は12月5日、事業規模26兆円の新たな経済対策を決定した。財政支出は13兆2000億円程度になる。中国メディアの今日頭条は17日、これだけの強い薬で「日本経済が抱える3つの大病」を治せるのかと題する記事を掲載した。

 記事のいう3つの大病とは、「低成長、低金利、低インフレ」の3つだ。19年第3四半期の実質GDP成長率は、+0.2%から同+1.8%へと、予想外の大幅上方修正となった・・・・

続きを読む