世界的に見て日本は貧富の差が少ない国に入る。日本はアジアの中で貧富の差が最も少ない国のひとつ。一方、中国は現在経済的に発展しているものの、中国国内では都市部と農村部で貧富の差が大きくなっており深刻な社会問題にもなっている。

 では、なぜ日本は貧富の差が少なく、全体的に見て満足のいく生活を送ることができるのか? 中国メディア霓虹日本はこのように分析している。

 その理由・・・・

続きを読む