2018年の1年間に東京で落とし物として届けられた現金は38億3900万円で、現金を含めた拾得届の総件数は414万件に達したという。日本では届けられる拾得物も、持ち主のもとに戻る割合も非常に高いと言え、外国人旅行客には「安心して旅行できる」と高く評価されているという。中国メディアの今日頭条は13日、「東京ではどれだけ貴重なものであっても、失くしたものが手元に戻ってくる」と紹介する記事を掲載した。 続きを読む