日常的な食事で多く摂取しがちなのが、塩分だ。伝統的な日本の食事にしても、ラーメンやファストフードにしても多くの塩分が含まれており、気を付けないと高血圧などを引き起こす要因になると言われている。お隣の中国も同様に塩分の過剰摂取の問題を抱えており、塩分を減らした料理の研究は日中両国共通の課題と言えそうだ。

 中国メディア・東方網は16日、日本人の作る「鶏の減塩照り焼き」を中国でも大いに参考に・・・・

続きを読む