中国では子どもの教育において「スタートラインで負けてはいけない」という考え方が強い。そのため幼児教育に力を入れ、小学校に入る前から1年生の授業の内容を前倒しで教え、様々な習い事もさせる。しかし、日本の親には「スタートライン」を気にする様子がないため、中国人からすれば驚くようだ。中国メディアの今日頭条は13日、「スタートラインで負けるのを恐れない」日本の教育を紹介する記事を掲載した。

 な・・・・

続きを読む