経済発展を遂げた中国ではスーパーへ行けば食料品や日用雑貨がいくらでも購入でき、物資的な豊かさを多くの人が享受できるようになった。しかし、「見た目」は日本で販売されている商品と大差なくても、その「質」や「デザイン」はいまいちであることが多い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で販売されている商品の「デザイン」に注目する記事を掲載し、「細部にまでこだわったデザインがなされていて、消費者の立場になって考えられていることがよく分かる」と称賛した。

 記事はまず、日本では創意工夫のもと消費者の使い勝手が良い商品が数多く販売されていると伝えつつ、「高額な商品だけでなく、一般の商店で手に入れられる、あらゆる商品がそうである」と伝え、たとえば「インスタント焼きそば」では湯切りが便利なデザインになっていることや、アイスクリームでは包装を剥がしやすいデザインになっていることなどの例を紹介しつつ、こうした使いやすさは「消費者の立場になって考えられている」ものであると称賛した。

 さらに、日本製品が世界で認められているのは中国製品のような「安さ」が理由ではなく、「消費者の立場になって、細部までこだわっているからだ」と強調。中国製品がさらに世界で支持を獲得するためには、日本製品から学ぶべき点は多いと伝えた。

 中国製品のみならず、海外の製品を使ったことがあれば何かしらの「使いにくさ」を感じたことがあるのではないだろうか。たとえばシャンプーを例にとると、同じような容器に入っていても海外製品は蓋が開けにくかったり、内容物がまだ残っているが取り出せなかったりと、使用者にとってのちょっとした不満が存在することも多い。日本製品はこうしたちょっとした不満が少なく、これは「消費者の立場になって考えられている」ためであり、中国人消費者としては日本製品から「使用者への配慮」を強く感じられるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)