「無印良品」は良品計画が運営する生活雑貨専門店であり、その商標も「無印良品」に帰属するのはごく当たり前でありながら、中国で行われていた一部商品の商標権をめぐる裁判では良品計画の敗訴が確定した。

 知的財産権をめぐる中国リスクが改めて浮き彫りになった形だが、この判決について、中国ではどのような反応が見られるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国に存在する多くの「無印ファン」たち・・・・

続きを読む