日本を訪れた中国人は日本の集合住宅の外観が中国の集合住宅と大きく違っていることに驚くという。中国の集合住宅は高層、低層に関わらず「ベランダ」が存在しないのが一般的だからであり、ベランダ付きの日本の集合住宅の外観は新鮮に映るようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の集合住宅に存在するベランダは「すばらしい」と論じる記事を掲載し、「人命を大切にしている証拠だ」と伝えた。

 記事はまず、日本の集合住宅のベランダには、緊急時に玄関から避難することができないことを想定して「避難経路が設けられている」と紹介。その1つに「避難はしご」があると伝えつつ、「使用方法は非常に簡単で、蓋を開けてストッパーを足で外すだけで、下の階まで降りられるはしごが出てくる」と紹介した。

 また、ベランダに設置してある「蹴破り戸」は、緊急時には蹴破って避難することができる設計となっていると伝えつつ、通常時はプライベートを確保する壁として機能しつつも、緊急時は脱出経路になるのだと紹介。だが、中国では泥棒が侵入する危険があるため受け入れられないだろうと論じた。

 中国を訪れたことがあれば見かけたことがあるかもしれないが、中国にはベランダのない集合住宅が多く、ベランダからの避難経路が確保されていない建築物が少なからず存在する。また、高層階であったとしても、空き巣などを防止するために窓には格子が設置されているのが一般的で、緊急時の避難経路は玄関のみとなっている場合も多い。それにもかかわらず、避難階段にも物が置かれていて危険な状況のケースも多いようだ。

 記事には中国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられていて、「ベランダに避難経路を設置するのは窃盗や空き巣の少ない日本だから可能なのだ。中国だったら避難経路から侵入されるだろう」、「我が国で避難ばしごや蹴破り戸を設置するということは、泥棒に便宜を図るということだ」といった声が多く見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)