日本では今でも様々な分野で「ものづくりの職人」が活躍しており、中国では日本人の「匠の精神」を高く評価する声が多い。中国メディアの今日頭条は11日、「一生物のはさみ」を作る日本の職人について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の職人の作るはさみは「100年使っても大丈夫」と紹介。まるで「生き物」のようで、刃物の材質、角度、広げたときの長さ、ねじの硬さ、柄の大きさなどに「匠の心が凝縮・・・・

続きを読む