製造業の高度化を目指す中国では「日本の製造業に学ぶべき点は多い」という論調が多く見られるが、では具体的に何を学ぶべきなのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の製造業に学べと言えども、何から着手すれば良いかわからないほどに日中の差は大きい」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本には中国人の誰もが知る有名メーカーのみならず、消費者の多くが知らない「隠れたチャンピオン企業」も数多く存在すると指摘し、日本の製造業の競争力の高さは「日本と韓国の貿易摩擦でも垣間見えたこと」であると強調。そして、機械を作るための機械であり、マザーマシンと呼ばれる「工作機械」の分野でも日本は世界有数の競争力を持っていると伝え、中国は同分野で技術力はもちろん、ブランド力、業界への影響力などあらゆる点で日本に負けていると指摘した。

 さらに、日本の製造業はどれだけ規模が大きくなっても、新しい技術や新しいノウハウの開発に積極的であると指摘。中国も近年は「付加価値の高さ」を追い求める企業が増えているとしながらも、中国では一定の規模に達した企業には「必ず外界からの誘惑がある」ため、不動産投資などに手を出した挙句に本業がおろそかになって、競争力を失うケースが多発していると強調した。

 記事は、中国の製造業が日本の製造業に学ぶのであれば「技術を第一」にすることを学ぶべきであるとし、技術こそがメーカーが生き残るうえで重要な要素であると主張。中国は「金儲け」を第一にするメーカーが多すぎると指摘する一方、日本ではトヨタのように世界有数のメーカーであっても莫大な資金と長い時間をかけて技術開発に積極的に取り組んでいるのだと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)