EAFF E-1サッカー選手権の日本ー中国戦が10日、釜山九徳スタジアムで行われ、日本が2ー1で中国を下した。中国国内では同試合に負けたことに対する批判の声も存在するが、前半31分に中国DFの姜至鵬(ジャン・ジーポン)選手による悪質なファウルも批判の対象となっている。

 中国メディアの快資訊は10日、中国DFの姜至鵬選手が「試合中に中国功夫(カンフー)を披露した」と伝え、姜至鵬選手の左足・・・・

続きを読む