中国メディア・東方網は10日、同日行われたサッカーE-1選手権男子の日本―中国戦で日本が2-1で勝利したことについて「ほぼ3軍の日本に対しても、中国の実力は明らかに劣っていた」と報じた。

 記事は、キックオフ直後こそ中国代表のプレーには精彩が見られたものの、その状況は長続きすることなく、前半28分にカウンターからFW鈴木武蔵選手がシュートを放って日本が先制したと紹介。後半に入っても日本が・・・・

続きを読む