がんと聞くと、不治の病というイメージがあったが、最近ではがんになっても治癒率が高くなっている。しかしそれも国によってもばらつきがある。例えば日本のがん5年生存率は81.6%と高いのに対し、中国はわずか30.9%だ。なぜがん治癒率は中国より日本のほうが高いのか、中国メディア尋医問薬網はこのように説明している。

 理由の1つは早期診断のための医療サービスだ。例えば胃がん検診は市の健康診断で行・・・・

続きを読む