日本と中国は隣国同士であり、文化面には相似点も多い反面、人びとの習慣や考え方には大きな違いも存在する。中国メディアの今日頭条は11月30日、日本と中国では「日常の風景」においても様々な違いが存在すると紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国人筆者が日本を実際に訪れ、日本で実際に目にした「中国では見られない光景」を写真とともに紹介しているが、日本の「日常の風景」のどのような点が中国と違っているのだろうか。まず挙げたのは「エスカレーター」の利用方法だ。日本人はどれだけ混雑していても、急いでいる人のためにエスカレーターの片側を空けていたと紹介している。逆に中国ではエスカレーターに「我先に乗り込もう」とする人を見かけるが、これは中国では結果的に最も効率の良い使用方法なのだろう。

 また、日本のレストランは非常に静かで、客同士が「他人に迷惑をかけないよう」配慮をしていたのも中国と違っていたと紹介。中国では他人のことを気に留めることなく大声で話す人が多く、レストランなどの人が集まる場所は非常に賑やかであるのが一般的であるため、中国人が日本のレストランが静かだと感じるのも無理はない。

 他にも記事は、日本は地震の多い国でありながらも歴史的に価値のある建築物が多数保存されていると指摘し、「はるか昔の中国に存在していた建築様式や文化を見たければ、日本で見ることができる」と紹介。中国では歴史的に価値のある建物であっても、新しいビルを建設するために取り壊されてしまうことも多い。

 そのほかにも「日本の路上では歩行者が優先され、自動車は自発的に歩行者に道を譲る」という点や、あらゆる場所に秩序がある点などを挙げ、「中国は人が多いからこそ、秩序を優先しなければならない」と主張、その意味で中国が日本に学ぶべき点は多いと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)