中国メディア・東方網は2日、タイで開かれた世界ジュニア卓球選手権で、中国勢が7部門中4部門で優勝したものの、日本勢と当たった決勝戦はいずれも敗れたと報じた。

 記事は、中国勢が男子団体、女子団体の両方で接戦を制して優勝したほか、残りの男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスでも難しい戦いを強いられたと紹介。男子シングルスと男子ダブルスは日本よりもやや優位に立てたことで優勝できたものの、・・・・

続きを読む