素材の味を生かした、シンプルかつヘルシーな料理というイメージが世界的に浸透しつつある日本の和食。しかし、日本の各家庭で毎日食べられている食事は、必ずしもヘルシーとは言えないかもしれない。中国メディア・東方網は29日、日本の「家庭の味」は塩分過多になる可能性があり、心筋梗塞などのリスクにつながるとの研究結果が出たと報じた。

 記事は、滋賀医科大学の三浦克之教授を代表者とする厚生労働省の研究・・・・

続きを読む