中国メディア・東方網は28日、国際サッカー連盟(FIFA)が同日発表した最新の男子サッカーランキングで、中国が今年に入っての最低順位を更新する一方で、日本は5年ぶりにアジア1位に返り咲くという対照的な結果になったと報じた。

 記事は、カタール・ワールドカップのアジア2次予選でシリアに敗れ、リッピ監督が2度目の辞任を発表するなど混乱状態に陥った中国が前回ランキングより順位を6つ下げて75位・・・・

続きを読む