中国では過去に起きた出来事を理由に、日本や日本人に対して否定的な感情を抱いている人が少なからず存在している。一方、日本を訪れる観光客は近年増加を続けており、訪日した中国人の多くが「日本で暮らしたくなる」という「心の変化」を経験するという。中国メディアの今日頭条は27日、日本を訪れた中国人が日本で生活したくなる理由を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本を訪れたことのない中国人の多くは日本や日本人に対して好感を持ってはいないとしながらも、「実際に日本を訪れると、その考えは大きく変化する」と紹介。そして、日本で暮らすことを決めた中国人は実際に増加していて、在留中国人の数は年々増加していると指摘した。

 続けて、日本には中国人を魅了する要因がどこにあるのだろうかと疑問を提起し、まずは「金銭的な利点」を紹介した。ビジネスパーソンの平均的な月収は中国より多く、贅沢をしなければ多くの貯金が出来ると主張。また、収入が低ければ住民税や所得税などの税金が軽減または免除されたりする制度があったり、健康保険に加入すれば、病気の治療や薬に掛かる費用を心配する必要はないと論じた。

 続けて、「生活環境」も非常に良いと紹介。日本では水道水を直接飲用水として使用することが出来ることや、安心して食べられる食品が販売されていること、さらに空気の汚染を心配しないで生活できると伝えた。他にも、「公共の交通機関が便利である」ことや、「社会の秩序が保たれている」こと、さらに「街が清潔に保たれている」ことが多くの中国人を魅了し、「日本で暮らしたくなる」のだと論じた。

 これに対して中国のネットユーザーからは、「こんな生活環境であれば誰が生活したいと思わないだろうか」、「日本が好きで何度も行ったことがある」といった意見が多く寄せられ、多くの人から支持されていた。日本に対しては良い面にばかり目が向きがちだが、実際に生活するとなると悪い面にも目を向ける必要があるだろう。言語面や生活環境は日本と中国では大きく異なっていることから、日本で暮らすことを決断する前にリスクもしっかり考慮してほしいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)