訪日中国人が増加を続けている背後には、中国人が日本旅行という「体験」に満足しているという要因があると言えそうだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を妻と一緒に訪れたという中国人男性の手記を掲載した。

 記事の筆者は日本滞在中、公共交通機関を利用して移動していたそうだが、東京の地下鉄の「複雑さ」にはすっかり閉口してしまったという。地下鉄の路線が複雑に絡み合っているだけでなく、主要駅の地下はまるで迷宮のようで「目的の出口を目指して歩かないと、迷子になってしまうほど」だと論じた。

 一方、「日本人の親切さ」は称賛に値すると指摘し、日本滞在中に道に迷った際のエピソードを紹介。日本人に道を尋ねれば、誰もが親切に教えてくれたと紹介し、「指差す方向に曲がり角があれば、わざわざ曲がり角まで一緒についてきてくれて、そこからの道順を教えてくれた」という日本人がいたと紹介したほか、「日本では駅員や旅客のような立場の人だけでなく、仕事で忙しそうにしている人であっても、誰もが親切に道を教えてくれた」と振り返った。

 また、日本はどれだけ賑やかな繁華街であっても秩序が存在し、どこも清潔で、タイルが敷き詰められている場所では「タイルの歪み1つすらなかった」と強調。この中国人筆者は訪日前に、友人から「日本は清潔」だと聞いていたというが、その話は全く偽りがなかったと指摘した。

 記事の筆者は、日本旅行という体験について非常に満足げに紹介している。こうした手記を読んだ中国人が日本に対して良いイメージを抱き、日本を旅行で訪れ、そしてリピーターになっていくのだろう。訪日中国人客が増え続けている背後には、こういう好循環が存在すると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)