発展著しい中国の都市部に対し、基本的な生活インフラすら整備されていない農村部も少なからず存在する。それゆえ、中国では都市部と農村部の生活環境は日本以上にギャップのあるものとなっている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国の農村部の生活を比較する記事を掲載し、「その差は非常に大きい」と伝えた。

 記事はまず、日本と言えば東京や大阪、名古屋などの大都市を思い浮かべる中国人が多いとしながらも、日本にも中国と同じように多くの農村が存在していると紹介。しかし、日本と中国の農村で根本的に異なっている点は、日本では農村であっても「快適で豊かな生活を送ることができる」ことだと伝えた。

 具体的な例として、日本では農村であっても「道路が舗装」されていて、電気やガス、水道などの生活インフラが整備されていること、さらに各種商店や郵便局、病院、ガソリンスタンドなどの施設も十分にあって、何不自由なく生活できるうえに「自然豊かであるため、むしろ都市部より良い環境」であると紹介した。

 しかも、日本では農村でも都市部と同じ社会福祉を受けることができるのは特筆に値すると指摘。また、農作物の価格が極端に安くならないように保護されているため、農業でも比較的安定した収入を得ることが可能なのも日本の良い点だと論じ、日本と中国の農村を比較すると、「その差は非常に大きいことが分かる」と強調した。

 中国では都市部と農村のギャップは極めて大きいのが現状だ。特に社会福祉の分野においては戸籍に基づいて提供されるため、農村と都市部では受けられるサービスの質に差があると言われている。都市部における発展度合いでは先進国に追いついたと言える中国だが、農村部の発展が今後の課題となりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)