中国メディア・北青網は21日、地球の温暖化に積極的に適応しようと取り組む、日本のミカン農家について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本におけるミカンの主要生産地として知られている愛媛県では近年、真っ赤な果肉が特徴のブラッドオレンジ品種がますます注目を浴びていると紹介。ブラッドオレンジはイタリア原産の品種であり、同県では宇和島周辺で1960年代末ごろから栽培され始めたとしている。 ・・・・

続きを読む