中国メディア・東方網は20日、「熊野筆から見る、日本の匠の精神」とする記事を掲載した。

 記事は、日本には「匠の精神」が至る所で垣間見られるが、「筆の都」として知られ、日本の毛筆や化粧ブラシで80%程度のシェアを持つ広島県熊野町もその一つであると紹介。その歴史は約180年にのぼり、江戸時代にまで遡ることができると伝えた。

 また、「毛筆」というと書道の筆を思い浮かべが・・・・

続きを読む