観光地での撮影が迷惑行為とされ、罰金まで科されるのは異例の事態と言えるかもしれない。しかし、京都・祇園の協議会はその大きな決断を下すことに踏みきった。中国メディアの今日頭条はこのほど、「私道での許可のない写真撮影に1万円の罰金を科す」という地元民の苦渋の決断を伝えつつ、中国人に向けて注意を呼びかける記事を掲載した。

 日本は中国人にとって人気の渡航先となっており、特に京都は日本の文化と歴・・・・

続きを読む