宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は13日、小惑星「リュウグウ」を出発し、地球への帰還を開始した。リュウグウは地球から約3億キロメートル以上も離れた宇宙空間に存在する大きさが900メートルほどの小惑星であり、それだけ離れた場所に探査機を向かわせ、岩石サンプルを採取して地球に戻すというプロジェクトはまさに想像を絶する難易度と言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条は17・・・・

続きを読む