中国から観光で訪れる中国人の中には、電車でも街でも日本で全体的に高齢化が多いことに驚くようだ。とはいえ、中国メディアは日本では「電車でお年寄りを見かけても、席を譲ってはいけない」と忠告している。その理由とは何か? 中国メディア知乎がその理由を説明している。

 まず、記事は日本と中国の文化の違いを説明し、中国では「若者はお年寄りに当然席を譲るもの」という考え方が色濃く、高齢者のほうも往々にして「私は年寄りだから・・・」とその好意を甘んじて受け入れるもの。とはいえ日本では文化が異なる。超高齢化が進む日本では、白髪の高齢者であっても「自分はまだまだそんなに年寄りではない」と思うことが多い。さらに、日本人には「他の人に迷惑をかけたくない」という思いがあるため、他の人に席を譲られると遠慮し「わざわざ自分のために席を譲らせるのは申し訳ない・・・」という気持ちが先に立つと説明。

 まして、大きな声で「どうぞ!」などと席を譲られると、大勢の視線が自分に集まってしまい、控えめな日本人の自尊心を傷つけてしまい、恥ずかしい思いにさせてしまうのだと解説している。

 では、次に日本の電車でお年寄りを見かけたらどうすればいいのか? 中国メディアは、「次に日本でお年寄り席を譲るときには日本式に、小声で“どうぞ”と言ってから静かに席を離れるように」とアドバイスしているのは興味深かった。そうすれば、お年寄りの自尊心に配慮できるから、と述べている。

 記事では、「私は日本で若者がお年寄りに席を譲っているのを何度も見たよ」と読者がコメント。記者は、「お年寄りに席を譲って、断られるという体験を実際に味わってみて」と返信していた。

 お年寄りが目の前に立っていても、黙って寝たふりをすればいい、と言うのではなく、真剣に「どうすればいいのか」と論じるこの記事からも、日本と中国の敬老や高齢者に対する考え方の違いが見て取れる記事だった。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)