中国メディア・東方網は17日、卓球オーストリアオープンの女子ダブルスと混合ダブルスでいずれも日本の10代ペアが優勝したことについて、中国卓球界関係者の憂慮が現実になったと報じた。

 記事はまず、中国と日本の争いとなったミックスダブルスで、世界チャンピオン・林高遠選手と朱雨玲選手の中国ペアが日本の張本智和・早田ひなペアに1-3で完敗して優勝を逃したと紹介。特筆すべきはその年齢で、中国ペアが・・・・

続きを読む