中国メディア・東方網は15日、「日本のアニメ産業は何を支えにして全世界をリードすることができたのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「君の名は。」に続く新海誠監督のアニメ映画「天気の子」が11月1日に中国で公開され、爽やかな画風と作品にマッチした音楽、温かなストーリーにより、前作に続き多くの観客の心をつかんでいると紹介。「宮崎駿から新海誠に至るまで、日本のアニメ界は各世代の人びとの成長・・・・

続きを読む