中国メディア・東方網は16日、日本人がラーメンやギョウザとライスを一緒に食べる習慣について、お米が日本人にとって絶対的な主食であることが理由だとする記事を掲載した。

 記事は、日本に行ったことのある人であれば、日本人がラーメンやギョウザを食べるときに、白米を好んで一緒に食べるのを見たことがあるはずだと紹介。レストランには「ラーメン定食」や「ギョウザ定食」といったメニューが当たり前のように並んでいるとした。そして、中国人がその様子を見ると、必ずと言っていいほど「どっちも主食なのに、どうして一緒に食べるのか」と不思議な気分になると伝えている。

 ギョウザは日本人にとってはおかずの一種というイメージがあるが、中国人にとってはれっきとした主食の一部だ。記事は、日本人が主食どうしであるラーメンやギョウザと白米を一緒に食べる理由について、まず「単においしいからだ」と説明。ラーメンのスープは様々な材料を使って時間をかけて作られており、ご飯との相性が抜群なのだとした。

 また、大きな理由として「日本人の食文化、食生活において、米飯が実に重要なポジションを占めている」ことにも言及。日常の食事があくまでも「お米ありき」で成り立っているため、ラーメンにライス、ギョウザにライスという組み合わせもスムーズに受け入れられるのだと解説している。

 なお、記事は触れていないが、日本のギョウザは中国のギョウザに比べて皮が薄い。この点も、ギョウザをおかずとして白米を食べることに違和感を覚えない理由の1つと言えるだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)