中国メディア・環球時報は14日、「日本はどうやってイノベーション環境を維持してきたのか」とする、中国社会科学院日本研究所副研究員の田正氏による文章を掲載した。

 文章は、日本ではバブル崩壊後に経済が長期の低迷状態となり「失われた20年」と形容されてきたが、日本政府はその間も技術革新の強化を通じて、国内のイノベーション環境整備を進めてきたと紹介。その経験は参考になるものだとした。 続きを読む